INFORMATION新着情報

2022/01/24新着情報

災害に強いお家のポイント!

アーデント小野田お陰様で最終3邸!
 
近年、日本各地で災害が発生し、住宅への関心が高まっている状況です。
当販売センターにも、災害対策に関する来場者様からのご質問や、
電話等でのお問合せが増え、全体的な災害意識の高まりを実感しております。
 
そこで今回は、災害に強いお家のポイントをご紹介いたします!
 
日本で被害の大きい自然災害といえば地震と台風です。
これらの自然災害をきちんと防ぐことが出来るかは、
住宅購入を検討する上でも特に意識すべきポイントです。

 
過去の災害による被害状況を見てみると、
木造や鉄骨造の建築物に比べて、鉄筋コンクリート造(RC造)の被害状況が
圧倒的に少ないことが分かります。
 
次に、阪神淡路大震災後の新耐震基準に則って建てられた
マンションの被害状況がこちら。
 
なぜここまで鉄筋コンクリートは災害に強いのか?
それは鉄とコンクリートの相性の良さに理由があります。
 
①熱膨張係数が同じで変形に強い!
まず、コンクリートと鉄は熱膨張係数が同じなので、
温度変化によって膨らんだり縮んだりするペースが一緒です。
膨張係数が違うとどちらかに負担がかかり、
ひび割れたり変形したりという危険性がありますが、
この二つの素材なら、そのリスクを減らすことが出来るのです!
 
②組み合わせることで耐火性能アップ!
熱膨張係数は同じであっても、鉄は熱に弱いので
高温にさらされると短時間で変形してしまいます。
それをコンクリートが覆い包むことで、鉄を熱からも守り、
その結果、火災にも耐えることが出来ます。
実際に鉄筋コンクリート造は、建物にかける火災保険の金額が、
木造に比べると大幅に安くなるケースもあります!
 
③素材として持つ弱点を互いにカバーし合っている!
コンクリートは引っ張られる力に弱く、鉄筋は強い。
鉄筋は押される力に弱く、コンクリートは強い。
つまり、コンクリートは力を加えると割ることが出来るが、鉄筋ではできない。
鉄筋は力を加えると曲げることが出来るが、コンクリートは曲がらない。
コンクリートだけ、あるいは鉄筋だけならば曲げたり割ったり出来ますが、
鉄筋コンクリートとなることでお互いの弱点を補い合い、強くなるのです。
 
上記のように、鉄筋とコンクリートという相性の良い二つの素材を
組み合わせることで、大きな災害にも耐えられる構造になっています。
 
お家の安全性は、そのまま住んでいる家族の安心に繋がります。
更にアーデント小野田マンションでは1階に居住スペースを設けず、2階からの住まいと
なっていますので水害に対しても気配りされていますので
実際に棟内モデルルームをご見学して、安全性をご体感ください♪


 
完全予約制でのご案内となりますので、ご来場前にご連絡をお願い致します。
お電話やメールでのご質問も受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
【電 話】0120-22-7501
【メール】https://ardent-mansion.com/onoda/contact/
一覧に戻る

フリーダイヤルでのお問い合わせ

営業時間/10:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用になれます。
お問い合わせ・資料請求