INFORMATION新着情報

2022/05/16新着情報

『マンション』と『戸建て』を資金面で比較してみました!

アーデント小野田お陰様で最終1邸
今回は、マンションと戸建ての資金面での違いについてご紹介いたします♪
 
1.法定耐用年数、資産価値

法定耐用年数とは、その不動産がどのくらいの期間、『法的に価値があるか』を
公平に評価するために国が指定した年数のことです。
簡単に言うと「建物の寿命」を指します。
 
この法定耐用年数は、不動産を取り扱う上で非常に重要な要素で、
特に、「将来的に家を売りたい」、「住替えたい」と考えている方は、
法定耐用年数が長いほど、資産価値も長く継続します。
 
一般的な木造戸建ては22年、マンションは47年となっており、
構造体が鉄筋コンクリートなので建物の寿命も長くなります。
 
2.設備の導入費用、スケールメリット
マンションの利点としてよく言われるのが『スケールメリット』。
規模が大きいからこそ得られる利益のことです。
 
アーデント小野田で代表的なのは、エントランスのオートロックや
各所に設置された防犯カメラ、管理人さんによる共用部の維持管理などの
安心・安全・快適性に繋がる部分です。
大きいところでいうと、地盤強化の基礎工事等も安心感に繋がります。
 
更にマンションであれば、高品質な設備を一括導入する事により、仕入れ価格も
抑える事が出来、少しでも低コストでクオリティの高い住居を手に入れることが出来ます。
 
3.火災保険料金
火災保険は建物の構造によって料金が大きく変わります。
マンションは鉄筋コンクリート造なので、一般的な木造住宅と比べると
同じ条件でも火災保険料金が大幅に安くなるケースがあります。

試算ではありますが、同じ70㎡でも年間で約45,000円の差があります!
 
アーデント小野田なら、2022年3月に入居開始なので、
火災保険の価格改定(2022年10月より保険期間が10年→5年に変更)前に契約することが出来ます。
 
このように、マンションと戸建てでは資金面だけでも大きな違いがあります!
今回ご紹介した内容以外でも、比較できる点は沢山ありますので、
ご興味のある方はぜひ、アーデント小野田販売センターまでお問い合わせください♪
 
アーデント小野田に関するお問合せは、
コムズコーポレーション宇部店(TEL:0836-35-5500)までご連絡下さい。
※電話口にて「アーデント小野田について」と付け加えていただけると
スムーズにご案内が可能です。
 
新型ウイルスの影響でなかなか見学に行けない…という方におかれましては、
物件の詳しい資料・パンフレットの郵送も行っております。
 
コムズコーポレーション宇部店では、皆様にご安心いただけるよう
下記の対策を講じ、ご案内させていただいております。

 
完全予約制でのご案内となりますので、ご来場前にご連絡をお願い致します。
ご来場予約・資料請求・お問合せはコムズコーポレーション宇部店まで!
また、お電話やメールでのご質問も受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
 
【電 話】0836-35-5500
【メール】https://ardent-mansion.com/onoda/contact/
一覧に戻る

フリーダイヤルでのお問い合わせ

営業時間/10:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用になれます。
お問い合わせ・資料請求